トップページ > ブログ > お子さんの手、どうですか?

お子さんの手、どうですか?

2021.1.15

 

こんにちは。日が経つごとに寒さが増していますね。

それに伴い、お肌が乾燥していたり、手が真っ赤に腫れていたりするお友達が多くなってきたように感じます。

そこで今回は、しもやけ・あかぎれについてお知らせしていきたいと思います。

この機会にお子さんの手をチェックしてみてください。

 

まず、症状についての説明です。

 

しもやけ⇒冬の寒さなどによって血行が悪くなり、腫れ・痛み・痒みが出てくる

 

 

 

あかぎれ⇒寒さと空気の乾燥による皮膚のひび割れ

 

 

しもやけ・あかぎれの対策としては、皮膚の保湿と血行促進が重要です。

保湿成分や炎症を抑える成分が入った薬を取り入れたり、

手足の指をほぐすマッサージ等で症状の緩和が見込めます。

 

 

また予防においては「保温」が大切です。

具体例として以下のようなものがあります。

 

 

手が荒れていると手洗いの頻度が減り、感染症にかかりやすくなるそうです。

「冬だから仕方がない」と諦めずにしっかりとケアしていきましょう。

 

 

記:養護教諭 廣池

 

Author:obukuro|Category:ブログ

PAGE TOP